組合からのお知らせ
トットリ日本酒EXPO2017開催しました
2017/11/13
県内で初めての試飲会となる「トットリ日本酒EXPO2017」、多くの参加をいただき盛大に開催されました。
鳥取県内16の蔵元のお酒 約70点がズラリと並びました。
そして「酒のほそ道」の著者であり日本酒に造詣の深い漫画家 ラズウェル細木氏を迎え、会場内を回遊しながらのトークセッションで盛り上がり、たくさんの方々が交流を深めれらました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

私たちは、鳥取の地酒ファンがどんどん増え”酒取県”になることを願っています。

トットリ日本酒EXPO2017
2017/10/16

鳥取県内では初の大試飲会となります「トットリ日本酒EXPO2017」を開催します。
県内16の蔵元のお酒をたっぷりとお楽しみいただけるよう準備しております。
また、料理研究家考案のお酒に合うおつまみプレート(地元食材使用)もご用意します。

人気漫画「酒のほそ道」作者 ラズウェル細木氏を迎えて交流トークショー
リアル「酒のほそ道」をお楽しみいただけます。

その他、地酒の「なるほど」を初公開!
存分に地酒をお楽しみいただける企画が盛沢山!


組合員一同、ご来場をお待ち申し上げております。


日   時:平成29年11月12日(日) 13:00~16:00

場   所:ホテルセントパレス倉吉 2F大広間

入   場:前売りチケット制(3,000円)

チケット販売:鳥取県酒造組合及び県内各蔵元
       今井書店以下の店舗
      《中部地区》倉吉パープルタウン店、倉吉店、アプト店
      《東部地区》鳥取吉成店、田園町店
      《西部地区》本の学校、境港店


第37回素人きき酒大会の結果
2017/05/29

平成29年5月28日(日)倉吉シティホテルにて「第37回素人きき酒大会」が開催されました。
本年度の大会はハイレベルな戦いとなりました。
その優れた技能を表彰された方は次のとおりです。

★きき酒名人(第1位)
 岸田 哲夫さん (東伯郡在住)

★きき酒準名人(第2位)
 福本 知恵さん (東伯郡在住)

★きき酒第3位
 小山 友寛さん (鳥取市在住)


上位2名の方は、10月に東京で開催される全国大会へ出場していただきます。
本当におめでとうございます!


平成29年 素人きき酒大会
2017/04/10
★★「素人きき酒大会」を開催します★★
 今年で第37回目になる「全国きき酒選手権大会」の鳥取県予選です。第1位(きき酒名人)、第2位(準名人)は、10月開催の全国大会への出場権が与えられます。(旅費・宿泊費主催者側負担)

日 時:平成29年5月28日(日) 午後3時(受付2時30分~)
場 所:倉吉シティホテル(倉吉市山根543-7 TEL:0858-26-6111)

【競 技】
  7点の純米酒をきき分けします。(銘柄当てではありません。)

【賞 品】
  名 人:1名  賞状・記念品・副賞
  準名人:1名  賞状・記念品・副賞
  第3位:1名  賞状・記念品・副賞
  *その他レディース賞(2名)、団体賞(3名単位)もあります。
  ◆◆全員にもれなく参加賞を進呈◆◆

【プログラム】
  ■受  付   14:30~
  ■競  技   15:00~
  ■表彰・懇親会 16:00~


【参加費】
  3,500円(当日会場へお持ちください。)

【定 員】
  100名
  *先着予約となりますので、お申込みはお早めにお願いします。

【申込締切】
  平成29年5月19日(金)

【申込方法】
  ①インターネットからお申込みの場合は「素人きき酒大会WEB申込みフォーム」よりお願いします。
  ②ファックスによるお申込みは、案内チラシに付属の申込書に必要事項を記入のうえFAX(0857-27-7385)ください。
  ③案内チラシの申込書を郵送(鳥取県酒造組合宛て)でもお申込みいただけます。

【申込先】
  鳥取県酒造組合
  〒680-0842 鳥取市吉方107-6
  TEL:0857-22-3897 FAX:0857-27-7385


平成28酒造年度鳥取県新酒鑑評会の結果
2017/03/25
平成29年3月23日(木)審査、翌24日(金)に表彰式を行いました。
出品酒総数58点(吟醸の部25点、純米の部33点)
以下のとおり最優秀3点が決定しました。

★鳥取県知事賞(第1位)
 元帥酒造株式会社 杜氏 西澤篤之(倉吉市東仲町2573)

★鳥取県産業技術センター理事長賞(第2位)
 千代むすび酒造株式会社 杜氏 坪井真一(境港市大正町131)

★鳥取県酒造組合会長賞(第3位)
 株式会社稲田本店 杜氏 信木真一(米子市夜見町325-16)



審査長より「今期の酒造りは、米の登熟期に高温が続いた影響で蒸し米が溶けにくく、仕込み時期には大雪に見舞われるという大変苦労の多い酒造りだったが、華やかな香りと淡麗な味わいの吟醸が出来上がっている」と講評をいただきました。

第36回素人きき酒大会の結果
2016/06/18
平成28年6月17日(金) 
米子ワシントンホテルプラザにて、第36回 素人きき酒大会が開催されました。
全国大会出場選手の選考も兼ねた鳥取県大会も36回目となりました。
「難しかった」という声が多く聞かれた中、素晴らしい成績を収められた方々をお知らせします。

名 人   加藤 哲也さん (鳥取市在住)

準名人   竹内 淳一郎さん(岩美郡在住)

第3位   堀井 俊伸さん (米子市在住)

平成28年 素人きき酒大会
2016/05/19
 ☆☆「素人きき酒鳥取県大会」を開催します☆☆

今年で第36回目になる「全国きき酒選手権大会」の鳥取県予選です。
第1位(名人)、第2位(準名人)は、10月開催の全国大会への出場権が与えられます。
(旅費、宿泊費は主催者負担)


日時:平成28年6月17日(金)午後6時30分 (受付:午後6時~)
場所:米子ワシントンホテルプラザ(米子市明治町125 TEL:0859-31-9111)

【競技】
7点の日本酒をきき分けします。(銘柄当てではありません。)

【賞品】
名 人:1名 賞状・記念品・副賞
準名人:1名 賞状・記念品・副賞
第3位:1名 賞状・記念品・副賞
*その他レディース賞(2名)、団体賞(3名単位)もあります。
♦全員にもれなく参加賞を進呈♦

【プログラム】
■受  付      18:00~
■競技開始    18:30~
■表彰・懇親会  19:30~
*競技の後は、懇親会でお楽しみください。(県内全蔵元のお酒を揃えます。)


【参加費】
3,500円
*当日会場へお持ちください。

【定員】
100名
*先着予約となっていますので、お申込みはお早めにお願いします。

【申込締切】
平成28年6月10日(金)

【申込方法】
インターネットから直接お申込みの場合は、「素人きき酒大会WEB申込みフォーム」よりお願いします。
ファックスによるお申込みの場合は、案内チラシに付属の申込書に必要事項を記入のうえ、FAXください。
案内チラシの申込書を直接郵送でもお申込みいただけます。

【申込先】
鳥取県酒造組合  
〒680-0842 鳥取市吉方107-6
TEL:0857-22-3897 FAX:0857-27-7385

平成27酒造年度鳥取県新酒鑑評会
2016/03/25
 平成27酒造年度 鳥取県新酒鑑評会の成績が決定しました。

◆鳥取県知事賞(第1位)
大谷酒造(株) 「鷹 勇」  杜氏: 野口 純一

◆(地独)鳥取県産業技術センター 理事長賞(第2位)
(株)稲田本店 「トップ水雷」 杜氏 : 信木 真一

◆鳥取県酒造組合 会長賞(第3位)
元帥酒造(株) 「元 帥」  杜氏 : 西澤 篤之



審査講評
「原料米は、気候の影響で未熟米が多く精米時には苦労されたと思われる。しかしながら、仕込み時期は寒冷な気候に恵まれとこともあり、吟醸酒は華やかな香りとふくらみのある 味が調和したレベルの高いお酒が、純米酒は旨味と酸味が感じられるキレのあるお酒が多かった。」

☆良い状態で皆さまのところへお届けしたいと思います。


平成26酒造年度鳥取県新酒鑑評会
2015/03/26
平成26酒造年度の新酒鑑評会を実施しました。
「吟醸の部」出品数24点の中から最優秀3点が決定しました。結果は次の通りです。

鳥取県知事賞(第1位)
千代むすび酒造(株) 杜氏 坪井 真一さん

鳥取県産業技術センター理事長賞(第2位)
元帥酒造(株)  杜氏 西澤 篤之さん

鳥取県酒造組合会長賞(第3位)
(株)稲田本店  杜氏 信木 真一さん


受賞されました皆さま おめでとうございます!

本年度より、「純米の部」を新設しました。
鳥取県は全国的にも純米酒の製造比率が高く、色々なタイプの純米酒があります。
今回は表彰はありませんでしたが、これから熟成してさらにうま味を増すであろう楽しみな純米酒が多くありました。

平成26年素人きき酒鳥取県大会
2014/05/28
今年も、「素人きき酒鳥取県大会」を開催します。

日時:7月19日(土) 午後2時40分より(受付:午後2時10分~)
場所:倉吉シティホテル(倉吉市山根543-7 TEL:0858-26-6111)

この大会は、今年で第34回になる「全国きき酒選手権大会」の鳥取県予選です。
第一位(名人)、第二位(準名人)は、10月開催(予定)の全国大会への出場権を与えられます。
(旅費、宿泊費は主催者で負担致します。)

【競技事項】
7点の日本酒をきき分けします。(銘柄当てではありません。)

【賞品】
名人1名記念品と副賞
準名人1名記念品と副賞
第3位1名記念品と副賞
*その他 レディース賞(2名)・団体賞(3名単位)もあります。
全員にもれなく豪華参加賞を進呈致します!

【プログラム】
受付14:10~
競技開始14:40~
セミナー15:40~
『始・日本酒とデザインの(いい関係)。』
植木 誠(鳥取県デザイナー協会会長、株式会社シセイ堂デザイン代表取締役)
表彰式・懇親会16:20~
終了17:30

【参加費】
3,500円
*当日会場へご持参下さい。

【定員】
100名
*先着予約となっていますので、お申込みはお早めにお願い致します。

【申込み締切り】
平成26年7月11日(金)

【申込み方法】
インターネットから直接お申込みの場合は、下記リンク先(素人きき酒大会WEB申込みフォーム)よりお願い致します。
素人きき酒大会WEB申込みフォーム

ファックスによる参加申込の場合は、案内チラシに付属の参加申込書に必要事項を記入の上、ファックス下さい。
(チラシがお手元にない方は「組合のファイルダウンロード」の『平成26年素人きき酒鳥取県大会(7月19日)』PDFファイルを出力していただき必要事項を記入の上、ファックス下さい。)

競技の後は、いつもの懇親会、鳥取県の全蔵元のお酒をそろえる予定です。

組合の催しなど

平成24酒造年度鳥取県新酒鑑評会が開催されました。
出品酒29点の中から3点の最優秀賞が決まりました。

鳥取県知事賞(第1位)
 千代むすび酒造 株式会社  (杜氏) 坪井 真一さん

鳥取県産業技術センター理事長賞(第2位)
大谷酒造 株式会社       (杜氏) 奥村  豊さん

鳥取県酒造組合会長賞(第3位)
元帥酒造 株式会社  (杜氏) 西澤 篤之さん


おめでとうございます! 

審査をしていただいた先生方によると、どのお酒も出来がよく、
採点が大変難しかったとのことです。

今年もおいしいお酒ができあがっていますので、
鳥取県のお酒をどうぞよろしくお願い致します。     


平成23酒造年度 鳥取県新酒鑑評会が開催されました。(平成24年3月22日、23日)
受賞者は次のとおりです。

☆第1位 鳥取県知事賞
   会社名  株式会社 稲田本店
   杜 氏   信木 真一

☆第2位 鳥取県産業技術センター理事長賞
   会社名  千代むすび酒造 株式会社
   杜 氏   坪井 真一

☆第3位  鳥取県酒造組合会長賞
   会社名  大谷酒造 株式会社
   杜 氏   奥村  豊


おめでとうございました。


6月16日東京池袋サンシャインシティにて日本酒フェアーが開催されました。
www.japansake.or.jp/sake/fair/index.html

鳥取県酒造組合のテーマは、いつもの
「酒は純米燗ならなお良し」

鳥取県の純米酒のお燗と
鳥取県のほたるいかの生干し、板ワカメを試食してもらい、お酒のPRをいたしました。